2012年11月10日

愛馬見学 その1



ベールに包まれた我が1歳愛馬。

種牡馬見学のゴールドアリュールのところで「産駒が愛馬2頭」とバラしてしまった。。

アクセス数も少ないので今のうちにひっそりと2011年産愛馬紹介しておきます。


モンプティクールの11_1.jpg


モンプティクールの2011

父 ゴールドアリュール


芝で大物を狙うとしたらディープかキンカメ産駒が王道。

ダートならやはりゴールドアリュール産駒。

この世代のキャロットでは牡馬はこの馬しかいなかったので最初から欲しかったのです。


モンプティクールの11_2.jpg

均整のとれた私の好みの馬体。

繋ぎの角度もまずまず。柔らかい歩様で脚元も丈夫そう。


モンプティクールの11_3.jpg

たてがみが特徴的。


モンプティクールの11_4.jpg

馬「何撮ってんだよ〜」

私「いや・・・その・・・珍しい色なんで・・・」


モンプティクールの11_5.jpg

ダートでガッツリ稼ぐ馬になってくれ〜



トキオリアリティーの11_1.jpg

私「・・・似てますね・・・」

案内のスタッフさん「・・・さ、さっきの馬にそっくりですね・・・」


トキオリアリティーの11_2.jpg


トキオリアリティーの2011

父 ネオユニヴァース



関東馬ではこの馬とバイラリーナの11、2頭のみ応募。

堀厩舎のみを狙いました。

3倍強くらいの抽選に当たったのですから縁があったということです。


トキオリアリティーの11_3.jpg


アンライバルド 母18歳時の仔 半兄にGT馬フサイチコンコルド

ヴィクトワールピサ 母14歳時の仔 半兄にGT馬アサクサデンエン

トキオリアリティーの11 母17歳時の仔 半兄にGT馬リアルインパクト

ネオ産活躍馬と共通点があるのは強みです。


あとソウルナンバーが2なんですよね〜(私も2)

キャロットではシーザリオ、トールポピー、アヴェンチュラが2ですべて角居厩舎。

リアルインパクトとトキオリアリティーの11も2で堀厩舎。

素晴らしいデータだと思っていますv


トキオリアリティーの11_4.jpg

いきないOCDスタートでしたが今は何ともないようです。

堀先生は大事につかってくれるのでこの馬に合ってるでしょうとのこと。


トキオリアリティーの11_5.jpg

ネオが良血のいいところを引き出してくれるはず!


お仲間の皆さんよろしくお願いします<(_ _)>



ネクタル冬眠中_1.jpg

また栗毛です。

私「デカっ!」

冬眠中のネクタルです。

ユニコーンS4着から骨折で休養中。


ネクタル冬眠中_2.jpg

関節近くの骨折だったので時間がかかるとのこと。

乗り運動は年明けになりそう。


ネクタル冬眠中_3.jpg

でっかいお尻です。

当たり前ですが馬体の迫力が1歳馬とは段違いです。


ネクタル冬眠中_4.jpg

馬体重は550キロくらい。

まずダイエットしないといけないので復帰は早くて来年春頃になりそう。

現実的には夏以降かな。


ネクタル冬眠中_5.jpg

復帰できればアッという間にオープンにいける器だと思います。

兄スピリタスは7歳でもまだまだ元気なのでじっくりじっくりで大丈夫。

待ってるで〜











posted by アイコブクロ at 19:39| Comment(0) | 愛馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。