2012年11月11日

愛馬見学 その3




エキサイトゲーム_1.jpg

案内のスタッフさんの車で育成厩舎に移動。

私「あっ、あの芦毛がそうですね」

スタッフさん「あっ、そうですか。よくわかりますね」

しばらくして芦毛の顔が引っ込みました。


エキサイトゲーム_2.jpg

2歳愛馬エキサイトゲームです。


エキサイトゲーム_3.jpg

7月には骨膜の手術で頓挫しましたが、そこから驚異的な回復。

すでに坂路で1ハロン13秒を出すなどいつ入厩してもおかしくない状態です。


エキサイトゲーム_4.jpg

今月中には移動の予定だそうです。

私「1勝はできますか?」

スタッフさん「1勝とは言わず、2勝でも3勝でも。能力はありますよ

私「やっぱりダートですか?」

スタッフさん「芝でもいけると思いますよ」


エキサイトゲーム_5.jpg

私「首が太いですね〜」

スタッフさん「ええ、これがダイワメジャー産駒の特徴ですね。ガッチリしてます」


エキサイトゲーム_6.jpg

私の愛馬だったカルカソンヌに瓜二つです。

カルカソンヌを上回る活躍を期待したいです。


-------------------------------------------------------------------

コメットシーカー_1.jpg

2歳愛馬コメットシーカーです。

均整のとれた素晴らしい馬体です。


コメットシーカー_2.jpg

7月には疝痛の症状を見せ開腹手術。

絶望的な気分になりましたが、馬にはよくあることだそうです。

人間でいう盲腸みたいですね。


コメットシーカー_3.jpg

今は坂路1ハロン15秒を出すなど順調そのもの。

私「移動はいつ頃になりそうですか?」

スタッフさん「12月に移動させたいですね。うまくいけば11月下旬移動もありです」

私「毛艶がいいですね〜」

スタッフさん「手術する前よりも良くなっているんですよ」


コメットシーカー_4.jpg

私「走りますか?期待は大きい馬なんで」

スタッフさん「走ってみないとわからないですね(笑)」

私「馬に乗る人は跨ってみると、だいたい走る馬がわかるといいますが」

スタッフさん「うちの厩舎にはディープブリランテもいたのですが、あんなに走るとは

思わなかったです(笑)他に走ると思っていたディープ産駒がいたのですがその馬は未勝利。

本当にわからないです」


コメットシーカー_5.jpg

コメットシーカー_6.jpg


どんな夢を見せてくれるのか楽しみでなりません。


-------------------------------------------------------------------

サークレット_1.jpg

2歳愛馬サークレットです。


サークレット_2.jpg

右飛節の捻挫で出遅れ。

なかなか軌道に乗ってきません。


サークレット_3.jpg

私「毛艶はいいですね」

スタッフさん「そうですね。体調もいいですし、性格もいい馬ですよ」


サークレット_4.jpg

スタッフさん「今は周回ダートコースで乗っています。このあとは天栄かしがらきに移動して

乗ってもらうプランもあります」

私「坂路はダメですか?」

スタッフさん「そうですね・・・今の段階ではちょっと怖いですね。もう1回やったらと

いうのがあって・・・」

私「時間かかりそうですね〜」

スタッフさん「矢作先生も3月までは放置だなと(笑)」


サークレット_5.jpg

時間がかかってもじっくりと育成してもらうしかありません。

愛馬リズモアなんかはもっとひどかったけど1勝しちゃいましたからね〜

まだまだわかりませんよ〜



posted by アイコブクロ at 17:49| Comment(0) | 愛馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛馬見学 その2



1歳メスの愛馬です。

インディスユニゾンの11_1.jpg


インディスユニゾンの2011

父 クロフネ


ネクタルに出資した理由は兄のスピリタスとビンテージチャートが活躍していたから。

この馬に出資した理由は同じく姉のリーチコンセンサスが活躍したから。

リーチコンセンサスはなんといっても獲得賞金「億超え」ですからね〜


インディスユニゾンの11_2.jpg

馬が耳を後ろに絞っているときは警戒しているとき。

私「触っていいですか?」

スタッフさん「いいですよ〜」


インディスユニゾンの11_3.jpg

インディスユニゾンの11_4.jpg

鼻周辺を撫でていると警戒を解いてくれました。

性格はうるさくもなく大人しくもなく普通で扱いやすいそうです。


インディスユニゾンの11_5.jpg

インディスユニゾンの11_6.jpg

何か間違えてカレンチャン、ホエールキャプチャみたいにならんかな〜

妄想が膨らみます。


-------------------------------------------------------------------

トールポピーは初デビューしてくれた愛馬。

私にとっては超特別な愛馬です。


トールポピーの新馬戦は阪神第5Rでした。

第4Rが終わった後は、お昼時間ということもあってパドックにほとんど人はいませんでした。

そんな中で私はまだかまだかと首を長くして愛馬を待っていました。

出てきたーー!!!

母新馬戦.jpg

初めて生で見る愛馬・・・

あの時の感動は今も忘れられません。



あれから5年

愛馬の仔が愛馬になりました。

トールポピーの11_1.jpg


トールポピーの2011

父 キングカメハメハ


お母さんにあまり似ていません。

どちらかというと叔母のアヴェンチュラに似ているように思います。


トールポピーの11_2.jpg


私「・・・・・・・・・・・・・・・」

いろいろとお母さんの事を思い出して最初は言葉が出ませんでした。


トールポピーの11_3.jpg

少しうるさい態度を見せる愛馬を口笛で落ち着かせるスタッフさん。

馬の注意を引くには口笛などがいいようです。

ホーミーとかはやりすぎのようです(笑)


トールポピーの11_4.jpg

ハミを付け始めたばかりで常に口をクチャクチャしていました。

スタッフさん「まだハミに馴れないんですね〜」



トールポピーの11_5.jpg

私「さ、触っていいですか?」

スタッフさん「はい、大丈夫ですよ」


トールポピーの11_6.jpg

近づくとクチャクチャをやめ急に大人しくなりました。


トールポピーの11_7.jpg

鼻を撫でているといつの間にか私の手をペロペロ

そして私の手をカミカミ


私「あ、噛むんですね」

スタッフさん「ええ、甘噛みですけど」


優しく私の手をペロペロ、カミカミする愛馬。

なんと可愛いのだろう。


トールポピーの11_8.jpg

夢のツーショット

心霊写真みたいになってしまいましたが。。

きっちりカメラ目線になってくれてる〜(嬉)


トールポピーの11_9.jpg

そういえば以前こんな事を書いたことを思い出しました。

http://ai5296.seesaa.net/article/155642616.html

愛馬の仔が愛馬になる、それだけで凄く幸せです。


キャロットの更新写真では何となく元気がなさそうに見えていたのですが

実際に見てみると元気、元気。


トールポピーの11_10.jpg

まだ坂路調教が始まったわけではありませんが、調教は一番進んでいる組だそうです。

今年の調教の進み具合は「社台>追分>NF空港>NF早来」ですね。


トールポピーの11_11.jpg

トールポピーの11_12.jpg

トールポピーの11_13.jpg

スタッフさんに甘えるところはまだまだ子供。

立派な競走馬になってほしい。

いつの日かお母さんと同じように新馬戦のパドックで会えますように。

















posted by アイコブクロ at 17:30| Comment(2) | 愛馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

愛馬見学 その1



ベールに包まれた我が1歳愛馬。

種牡馬見学のゴールドアリュールのところで「産駒が愛馬2頭」とバラしてしまった。。

アクセス数も少ないので今のうちにひっそりと2011年産愛馬紹介しておきます。


モンプティクールの11_1.jpg


モンプティクールの2011

父 ゴールドアリュール


芝で大物を狙うとしたらディープかキンカメ産駒が王道。

ダートならやはりゴールドアリュール産駒。

この世代のキャロットでは牡馬はこの馬しかいなかったので最初から欲しかったのです。


モンプティクールの11_2.jpg

均整のとれた私の好みの馬体。

繋ぎの角度もまずまず。柔らかい歩様で脚元も丈夫そう。


モンプティクールの11_3.jpg

たてがみが特徴的。


モンプティクールの11_4.jpg

馬「何撮ってんだよ〜」

私「いや・・・その・・・珍しい色なんで・・・」


モンプティクールの11_5.jpg

ダートでガッツリ稼ぐ馬になってくれ〜



トキオリアリティーの11_1.jpg

私「・・・似てますね・・・」

案内のスタッフさん「・・・さ、さっきの馬にそっくりですね・・・」


トキオリアリティーの11_2.jpg


トキオリアリティーの2011

父 ネオユニヴァース



関東馬ではこの馬とバイラリーナの11、2頭のみ応募。

堀厩舎のみを狙いました。

3倍強くらいの抽選に当たったのですから縁があったということです。


トキオリアリティーの11_3.jpg


アンライバルド 母18歳時の仔 半兄にGT馬フサイチコンコルド

ヴィクトワールピサ 母14歳時の仔 半兄にGT馬アサクサデンエン

トキオリアリティーの11 母17歳時の仔 半兄にGT馬リアルインパクト

ネオ産活躍馬と共通点があるのは強みです。


あとソウルナンバーが2なんですよね〜(私も2)

キャロットではシーザリオ、トールポピー、アヴェンチュラが2ですべて角居厩舎。

リアルインパクトとトキオリアリティーの11も2で堀厩舎。

素晴らしいデータだと思っていますv


トキオリアリティーの11_4.jpg

いきないOCDスタートでしたが今は何ともないようです。

堀先生は大事につかってくれるのでこの馬に合ってるでしょうとのこと。


トキオリアリティーの11_5.jpg

ネオが良血のいいところを引き出してくれるはず!


お仲間の皆さんよろしくお願いします<(_ _)>



ネクタル冬眠中_1.jpg

また栗毛です。

私「デカっ!」

冬眠中のネクタルです。

ユニコーンS4着から骨折で休養中。


ネクタル冬眠中_2.jpg

関節近くの骨折だったので時間がかかるとのこと。

乗り運動は年明けになりそう。


ネクタル冬眠中_3.jpg

でっかいお尻です。

当たり前ですが馬体の迫力が1歳馬とは段違いです。


ネクタル冬眠中_4.jpg

馬体重は550キロくらい。

まずダイエットしないといけないので復帰は早くて来年春頃になりそう。

現実的には夏以降かな。


ネクタル冬眠中_5.jpg

復帰できればアッという間にオープンにいける器だと思います。

兄スピリタスは7歳でもまだまだ元気なのでじっくりじっくりで大丈夫。

待ってるで〜











posted by アイコブクロ at 19:39| Comment(0) | 愛馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。